巨人・菅野智之の一発病を悪化させる“メジャー志向”と原監督の“ブラック気質”

文春オンライン / 2019年5月26日 6時0分

5月15日の阪神戦で4本の本塁打を浴び、自己最悪の10失点を喫した巨人のエース・菅野智之投手(29)。5月25日現在、リーグ最多タイの5勝を挙げながら、被本塁打13は12球団ワーストだ。 「頼り過ぎているスライダーの制球が甘いという指摘もあるが、そもそもコントロール全体が甘くなっている。蓄積疲労で下半身が使えていない印象です」(ベテラン記者) 昨年の投球回は202イニングで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング