日本とアメリカでこんなに違う 「シンクタンク」とは何か

文春オンライン / 2019年6月12日 6時0分

著者によれば本書は、シンクタンクの教科書ではなく「私のシンクタンク論」である。なるほど3・11を契機に自ら立ち上げた体験談は、“シンクタンク小国”日本においては貴重であり傾聴に値する。 ここで評者自身の体験談もお許し頂きたい。昨年二月、本書にも登場する東京財団(現在は東京財団政策研究所に改組)というシンクタンクのプロジェクトメンバーとして米ワシントンDCに出張した。著者がブルッキングス研究所等の一流シンクタンクで政策起業家としての力を磨いた地だ。 政府、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング