政治家の孫娘が誘拐 犯人の要求は「金」ではなく「罪の自白」だった

文春オンライン / 2019年6月17日 6時0分

政治家というのは奇怪な生物だ。人々の信義という無形の糧を食らい、利権という別の形のないものを吐き出しながら生きている。真保裕一『おまえの罪を自白しろ』は、その政治家が誘拐事件に巻き込まれることから始まる緊迫のサスペンスである。 誘拐されたのは、衆議院議員・宇田清治郎の三歳になる孫娘、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング