写真

「死の孤独」によりそう取り組みも

どんなに「在宅ひとり死」を可能にする制度的条件が整備されても、どうしても解決できない問題が、最後に残る。それは「死にゆく人はさみしいか?」という問いである。 死にゆくひとはさみしいか? さみしいだろう、と思う。 父を看取るときに、体感した。……死にゆくひとのさみしさは、どんな他者によっても癒やされない絶対的な孤独のように思える。この問いにまともに答えようとする専門家たちがいる。 死を前にした人の4つの痛み 死を前にした患者には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング