写真

6月12日、香港島中心部の様子。数万人規模の学生や労働者が立法会へ抗議に向かう。顔を隠している人が多い。現地著者友人提供

天安門事件から30年目の初夏、香港がデモで揺れている。中国本土への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正案が浮上したことに市民が反発。条例が拡大解釈された場合に、信頼性や公平性が低い中国の司法による判断のもとで、香港の住民が中国大陸に引き渡されかねないという不安が広がった。 結果、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング