写真

岩手大会の決勝の花巻東戦の9回、ベンチで國保陽平監督と話す大船渡の佐々木朗希投手 ©共同通信社

《密着スクープ連載》大船渡佐々木の登板回避4回戦で194球を投げさせた國保監督の「迷い」から続く 大船渡・佐々木が甲子園のマウンドに立っていたら――甲子園が終盤に近付くにつれて、野球ファンならそう想像せざるを得ない。なぜ彼は岩手県大会で去らなければならなかったのか。春から佐々木投手の密着取材を続ける、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング