写真

スタート直前の大迫(右端) ©杉山拓也/文藝春秋

東京オリンピック代表内定の切符は、わずか5秒の差で届かなかった。しかし大迫傑は、どこかすっきりとした表情でメディアの待つミックスゾーン(取材エリア)へ姿を現した。 「トレーニングはしっかりとできていたので、自信はありましたけど、最後は正直なところ力負けです。それを真摯に受け止めて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング