写真

「焦ったのは自分の心の弱さ」と語った大迫 ©共同通信社

「正直、力負けです」 9月15日、東京五輪のマラソン日本代表の座を賭けたMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が開催された。男子で大本命と目されていたのは日本記録保持者の大迫傑(28)だったが、結果は代表内定の2位に5秒及ばず3位。 大迫は敗因の1つとしてポジショニングを挙げた。 「設楽(悠太)選手が最初から抜け出すのは予想をしていましたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング