写真

©iStock.com

「終身会員なら100万円!?」ネトウヨ向け“サロンビジネス”はどのくらい儲かるのかから続く 「愛国ビジネス」をテーマとした衝撃の小説『愛国商売』(小学館文庫)をこのたび上梓した古谷経衡氏(37)が、作品の舞台裏を描く集中連載。最終回は、「保守ムラ」最底辺の人びとがいかに生業を営んでいるかを解説する(全3回の3回目/#1、#2より続く)。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング