写真

©iStock.com

ホテルをはじめとする宿泊業界が活況を呈している。一口に宿泊業といってもその形態は様々だ。旅館業法においては宿泊施設として、旅館、ホテル、簡易宿所、下宿などが定められている。また18年6月には近年台頭してきた民泊について新たに「住宅宿泊事業法」を施行し、民泊を法的に位置付けた。 それでは宿泊業におけるそれぞれのカテゴリーは現在どんな状況にあるのかを見てみよう。 2009年まではホテルよりも旅館の方が多かった 実は日本ではつい最近まで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング