写真

警視庁特別警備隊“新選組” ©文藝春秋

解説:“言論の自由”にトドメを刺した「二・二六事件」とは 昭和の日本が敗戦に向かう歴史の中で、大きなポイントを挙げるとすれば「満州事変」(1931年)と「二・二六事件」(1936年)になるのではないか。どちらも、それまでの時代の流れを変え、以後の時代の空気を決定した「クーデター」だった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング