写真

©共同通信社

ベイスターズが負けて息子は泣いた うだるような暑さと人いきれの中、私は1歳の赤ん坊を抱え、小学生の手を引き長い長い階段を昇っていた。汗が目に沁みても、拭うこともできない。それでも私は何かから逃れるように、いや何かを求めるように、固いコンクリートを一段ずつ踏みしめていた。私はなぜ今ここにいるんだろう、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング