写真

朝日杯将棋オープンの準決勝・決勝戦は、将棋界では珍しい公開対局として行われる

第13回朝日杯将棋オープン戦で、千田翔太七段が自身初の棋戦優勝を果たした。前回及び前々回優勝の藤井聡太七段は準決勝で千田に敗れ、3連覇を逃した。準決勝、決勝が行われた2月11日の模様を追ってみたい。 千田はほとんど時間を使わずに指し進めていく 準決勝の組み合わせは藤井七段―千田七段と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング