写真

©文藝春秋

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍晋三首相が4月7日、東京都など7都府県を対象に発令した「緊急事態宣言」。住民や事業者に外出の自粛や施設の使用制限などを求める事態となったが、そこにリスクはないのか。 東京都の小池百合子知事が「文藝春秋」5月号のインタビューに応じ、「緊急事態宣言」の問題点を語った。 パリやニューヨークとの大きな違い 「都の立場からすれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング