写真

バー氏はトランプのツイートに苦言を呈したことも ©共同通信社

アメリカでも日本同様、政権の“司法介入”が問題視されている。 5月7日、司法省は元大統領補佐官のマイケル・フリン氏(61)の起訴を取り下げた。氏は2016年の大統領選のロシア疑惑における捜査で、FBIに虚偽の供述をした罪などに問われていた。 「17年12月、フリン氏はワシントン連邦地裁で『FBIに対し虚偽の供述をした』と自ら罪を認め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング