写真

©共同通信社

昨年7月、京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、社員36人が死亡した事件で、殺人などの疑いで逮捕された青葉真司容疑者(42)。事件後、彼を4カ月にわたり治療した主治医が、「週刊文春」の取材に応じ、治療時に抱いた苦悩や葛藤などを初めて語った。 主治医の一人だったA医師は事件直後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング