写真

©文藝春秋

10月26日のドラフト会議では、10球団近くからの1位指名が予想される早実の清宮幸太郎(18)。この清宮フィーバーの裏で、セ・リーグでは指名打者(DH)制度導入の動きが急速に進んでいる。 背景にあるのは清宮の「守備問題」だ。高校通算111本塁打の打撃力とは裏腹に、清宮の弱点として指摘されるのが守備力。高校でも1塁しか守れなかった清宮にとって、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング