写真

習氏と王氏の微妙な距離感 ©共同通信社

5年に一度の中国共産党大会は10月18日に開幕、25日に習近平指導部2期目の顔触れが判明する。 中国最高指導者の任期は慣例で10年。本来は5年を終えた習総書記(64)の後任が今回決まり、習指導部はレームダック化に向かうのだが、北京はそういう空気ではない。党大会は2022年の3期目突入に向けて習氏が建国の父・毛沢東に近づくための政治イベントになりそうだ。 党大会の最終準備を行う中央委員会総会が14日閉幕し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング