加藤勝信厚労相にマルチ企業“広告塔”疑惑を直撃

文春オンライン / 2018年1月24日 16時0分

昨年12月26日、約2400億円の負債を抱えて事実上倒産した「ジャパンライフ」の宣伝チラシに加藤勝信・一億総活躍相(当時)が使われていたことがわかった。ジャパンライフは主に高齢女性を相手に磁気ネックレスなどを高額で販売し、別の顧客に貸し出せば、年6%ほどの収入を得られる『レンタルオーナー契約』という預託商法を展開。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング