芥川賞作家・若竹千佐子さんが語る「執筆の動機は夫の突然死」

文春オンライン / 2018年1月24日 16時0分

1月16日に発表された第158回芥川賞で、石井遊佳さんとともにダブル受賞した若竹千佐子さん(63)が「週刊文春」のインタビューに応じた。 「夫の死をきっかけに発見したことをどうしても書きたい。これを書かずには前に進めないという気持ちで書いた作品です。夫も喜んでくれていると思います」 8年前に自営業を営む夫を突然亡くし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング