陸自ヘリ墜落事故で考える、現代戦に求められる戦闘ヘリの条件

文春オンライン / 2018年2月14日 7時0分

今月5日に発生した陸上自衛隊のAH-64D戦闘ヘリコプター(通称アパッチ・ロングボウ)の民家への墜落では、不幸中の幸いにも民間人の死者は出ていないが民家は全焼。搭乗していた自衛官2名の死亡が確認される痛ましい事故となった。 事故のあった佐賀では佐賀空港への陸自オスプレイ配備の計画があるだけに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング