松坂大輔のナゴヤ登板を、中日ファンはどう迎えるべきか

文春オンライン / 2018年3月18日 11時0分

こんなニュースが舞い込んできた。米国時間3月11日、場所はアリゾナ州ピオリア。その日、大リーグのマリナーズに約5年半ぶりに戻ってきた44歳のイチローは、復帰戦となるオープン戦に1番・左翼で出場した。 1回、そのイチローが慣れ親しんだ背番号「51」で打席に立つと、スタンドのファンはスタンディングオベーションで迎えたという。ことわっておくが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング