写真

©文藝春秋

3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」からの独立を表明したビートたけし(71)。その去就に注目が集まるなか、このたび「週刊文春」に、書き下ろし小説「ゴンちゃん、またね。」を発表した。 主人公は、うだつの上がらない小説家志望の男・則之。自己啓発雑誌のインタビューテープ起こしや記事まとめのアルバイトで糊口をしのぐ毎日だ。両親を亡くし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング