物忘れがひどくて、疲れやすい。最近ふえている「能力減退症」とはどんな病いか

文春オンライン / 2018年4月16日 17時0分

約束の時間を間違える。メモを取らないとすぐ忘れてしまう。疲れやすくて頑張りがきかない。だるくてつい寝てしまう。以前はふつうにこなしていた仕事ができなくなる。こうしたミスに身に覚えがないだろうか。これらの症状を「能力減退症」と名づけて警鐘を鳴らす三田茂医師に、病いを解説していただいた。 「能力減退症」とはどのような病いか? 2011年ころから、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング