写真

初夏の敵、PM2.5は身近な場所で生産されている ©iStock.com

気候が暖かくなると、いろんなものが日本にやってくる。 特に4月から5月にかけて飛散量がピークを迎えるのがPM2.5だ。 中国大陸から日本海を渡って飛んでくる微小粒子状物質は、気付かぬうちに肺や血管に入り込み、健康長寿を競い合う日本人の寿命にブレーキをかけようとする。 しかし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング