中国由来よりも恐ろしいPM2.5の発生源はタバコだった

文春オンライン / 2018年4月21日 7時0分

気候が暖かくなると、いろんなものが日本にやってくる。 特に4月から5月にかけて飛散量がピークを迎えるのがPM2.5だ。 中国大陸から日本海を渡って飛んでくる微小粒子状物質は、気付かぬうちに肺や血管に入り込み、健康長寿を競い合う日本人の寿命にブレーキをかけようとする。 しかし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング