“Androidの生みの親”アンディ・ルービンの先見と決断

文春オンライン / 2018年5月22日 17時0分

コンピューターを動かすには出入力、記憶、通信といった基本機能を担うオペレーティング・システム(OS=基本ソフト)が必要だ。アンディ・ルービンが開発したのはスマホ用OSの「アンドロイド」。独自の「iOS」を使う「iPhone」を除く、世界中のほとんどのスマホにはアンドロイドが採用されている。つまり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング