写真

『先史学者プラトン 紀元前一万年―五千年の神話と考古学』(メアリー・セットガスト 著/山本貴光+吉川浩満 訳)

プラトンは紀元前四〇〇年前後を生きた。彼の著書『ティマイオス』は、遠い昔にギリシアが大西洋の向こうのアトランティス大陸に侵略されたと伝える。ギリシアは反撃し、敵を西へ追い払った。その後、地震と洪水によってギリシアも壊滅的打撃を受け、アトランティスは沈んだ。 これは作り話。そう思われてきた。沈んだ大陸が見つからない。またプラトンはギリシア世界の創建を紀元前九六〇〇年と記すが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング