「中国語では言い難いことも日本語では言える」――香港と日本で交わされた往復書簡

文春オンライン / 2018年7月15日 11時0分

文芸評論家の福嶋亮大さんが香港の社会学者・張彧暋(ちょういくまん)さんとの往復書簡集『辺境の思想日本と香港から考える』(文藝春秋)を上梓した。8年前、京都国際マンガミュージアムのシンポジウムで知り合って以来の友人で、メールのやり取りを続けていた。 「当初はサブカル系の情報交換が主だったのですが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング