ウナギ、マグロの次に消える魚は?――食卓から消える大衆魚

文春オンライン / 2018年7月20日 11時0分

日本の漁業は、衰退の一途を辿っている。日本漁業の生産性は低く、燃油の国際価格が上がるたびに、公的資金による燃油代の補填をもとめるデモが行われている。漁業で生計を立てるのが困難なことから、新規就業者が途絶えた状態が何十年も続き、その結果として、漁村の限界集落化と高齢化が進んでいる。 2025年までに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング