六本木ヒルズOLだった私が、福井県大野市で空き家探しを始めるまで

文春オンライン / 2018年8月20日 11時0分

5年ほど前に新卒で希望の会社へ入社した。しかし、職場である六本木ヒルズでは「手に入らないもの」があり、3年で辞めて選んだ道は東京大学大学院。30代を目前に、筆者は文化人類学者を目指して、間もなく、住民の半数以上が水道局と契約を結ぶことなく、各家庭の井戸から地下水を引き上げる福井県大野市の空き家で暮らし始めるという。彼女はなぜ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング