「リウマチ名医」が東京女子医大から患者データを盗んでいた

文春オンライン / 2018年8月1日 16時0分

東京女子医科大学東医療センター(東京・荒川区)で、退職した医師が患者の個人情報を不正に持ち出していたことが、「週刊文春」の取材で明らかになった。 「神戸先生から突然連絡が来たのですが、なんで私の電話番号を知っているのですか?」 同センターに患者からこんな問い合わせがあったのは今年3月。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング