危機の大塚家具 「親バカ親父」と「エリート娘」の“リア王的悲劇”のゆくえ

文春オンライン / 2018年8月11日 11時0分

「『健康に気をつけて』というだけです。電話一本で相談でもしてくれればね……。相談があれば助けられた。親バカですね。親って本当にバカなんですよ」(注1)。 悪い男に惚れてしまった娘が親の家を出て、その後生活に行き詰まっていると聞き及んだ父が吐露する言葉のようだが、大塚家具の創業者・大塚勝久が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング