東京医大だけが悪いのか 女性医師が語った医療現場の「疲弊」と「本音」

文春オンライン / 2018年8月11日 7時0分

東京医科大学が、男子学生の数を確保する目的で、入試で女子受験生に一律減点措置を講じていた一件は、一大学の不祥事にとどまらず、日本の医学界全体を巻き込む大きな問題に発展している。 明らかな女性蔑視であって許されることではない、という意見が大半を占める一方、医療という仕事の特殊性や、日本の医療界のおかれた実情を考えるとやむを得ないことなのではないか、とする擁護派の声も少なからずある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング