「猛暑もチャンス」から突然の「サマータイム導入」 森喜朗の五輪トンデモ発言まとめ

文春オンライン / 2018年8月11日 7時0分

8月6日、驚きのニュースが報じられた。「酷暑対策でサマータイム導入へ秋の臨時国会で議員立法31、32年限定」(産経ニュース)というものだ。酷暑が懸念される東京五輪対策として、夏の時間を2時間繰り上げる、サマータイム(夏時間)を導入しようというのだ。突然の報道に日本じゅうがパニックに陥っている。関連する発言を集めてみた。 森喜朗東京五輪・パラリンピック組織委員会会長 「政府にやってほしいと思う対策がサマータイム」 毎日新聞web版7月27日 安倍晋三首相 「それが1つの解決策かもしれない」 産経ニュース7月27日 政府・与党は東京五輪・パラリンピックの酷暑対策として、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング