「災害派遣」はいかにして自衛隊の「本来任務」となったのか

文春オンライン / 2018年10月12日 17時30分

平成も終わりに近づいた今年は、災害の「当たり年」と言われるかもしれない。特に夏以降、毎月のように深刻な被害をもたらす大災害が起きている。近畿地方に大きな被害をもたらした台風21号では、関西国際空港の孤立が大きく報じられ、関空に勤めている従業員が救援を求めるツイートが話題になった(現在は削除)。そのツイートの中で従業員はこう書いていた。「自衛隊呼んで下さい!」。 災害が頻繁に襲ってくる我が国らしいが 筆者はリツイートされてきたこのツイートを見た時、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング