写真

船戸雄大被告は大麻所持でも追送検された ©共同通信社

「マニュアルを守っていれば、亡くなる確率はかなり低かったと思う」 東京都目黒区で今年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が両親から虐待を受けて死亡した事件。検証報告をまとめた厚生労働省の専門委員会委員長の言葉を、泉下の結愛ちゃんはどう受け止めたのだろう。 《もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるしてゆるしてください》 結愛ちゃんが養父の雄大被告(33)と母の優里被告(26)に宛てたノートの「反省文」の内容が判明し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング