“クビになった航空幕僚長”田母神俊雄が語る「麻生さんは僕を守ってくれなかった」

文春オンライン / 2018年10月19日 7時0分

2008年10月に起きた「田母神論文事件」から今年で10年。航空自衛隊トップによる「日本は侵略国家であったのか」論は大問題に発展、田母神氏は辞任に追い込まれました。一体、あの事件は何だったのか。インタビュー中編ではその「運命の日」までを詳しく伺います。聞き手は近現代史研究者の辻田真佐憲さんです。(全3回の2回目/#1より続く) ◆ 「やっぱり田母神は何かやると思ってた」 ――「論文事件」から10年経って、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング