写真

ブラジル人で賑わう「タカラ」

群馬県大泉町――。人口約41,800人のうち外国人が約7,500人、人口比率で約18%を占める日本有数の“移民の町”だ。なかでも最も多いブラジル人は4,221人に上る(今年8月末現在)。大泉町にブラジル人が移住してから、既に30年以上が経過している、日本における“移民先進地域”だ。 大泉町では2007年から毎年、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング