写真

家具量販チェーンの「IKEA」を運営する、イケア・ジャパンの業績が伸び悩んでいる。2018年8月期の決算では、売上高こそ840億9100万円で前年同期比13.5%増を記録したが、一方では9億6200万円もの営業損失を計上してしまっているのだ。 そもそもIKEAはスウェーデン発祥の店舗で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング