写真

「洋服の青山」を展開する紳士服大手、青山商事が今期3度目の連結業績予想の下方修正をした。20年3月期の売上高は2190億円(従来予想は2355億円)、営業損益は4億円の赤字(同90億円の黒字)、純損益は203億円の赤字(同20億円の赤字)にそれぞれ引き下げた。 新型コロナウイルスの感染拡大により入学式や卒業式の見送りが相次ぎ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング