写真

米アルファベット傘下のグーグルが11月9日、最新の人工知能(AI)ソフトである「テンソルフロー(TensorFlow)」を無償公開すると発表した。本ソフトは、音声検索や画像認識など同社のサービスで幅広く使われている重要資産のひとつであるが、グーグルは今回あえて無償公開に踏み切る経営判断を下した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング