写真

数年前から、郵便局、コンビニエンスストア、新聞販売店などが自治体の要請を受けて、高齢者世帯の見守り活動や生活支援に関与するようになった。地域包括支援センターや民生委員だけではカバーできず、自治体は事業者のフットワークに頼らざるをえなくなったのだ。 高齢化の急速な進行によるこうした動きを、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング