写真

日本銀行の金融緩和に関して、次第に選択肢が狭まっている。 7月28、29日に開催された日銀金融政策決定会合の結果、追加緩和として上場投信(ETF)の買い入れ増額とドル資金供給の拡充が発表された。この内容は市場の期待を下回り、その後の円高、金利上昇につながった。また、国債買い入れの増額が見送られたことに対して、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング