写真

18歳以下の野球ワールドカップ(U18W杯)1次ラウンドの南アフリカ戦で、待望の木製バット第1号を放ち、スーパーラウンドのカナダ戦で放った第2号で高校通算本塁打数を111本に更新した、早稲田実業学校高等部の清宮幸太郎。決勝進出こそ逃したが、U18W杯では32打数7安打2本塁打と木製バットへの対応もこなした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング