写真

いまから6年前の2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、首都圏では鉄道網が一時的にせよほぼ完全に寸断され、大量の帰宅困難者が発生したことは記憶に新しい。三菱総合研究所によれば、帰宅困難者は約860万人に上り、うち約260万人は帰宅を断念し、残り約600万人は徒歩で帰宅したという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング