写真

中国では第19回目になる5年に一度の中国共産党の党全国代表大会(党大会)が始まったが、最大の焦点である最高指導部人事が固まった。中国共産党8900万人の党員のトップに立つ7人の党中央政治局常務委員には、習近平国家主席(党総書記)と李克強首相が留任するほか、新たに栗戦書・党中央弁公庁主任と趙楽際・党部組織部長が昇格することがわかった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング