写真

2013年に公開された映画『謝罪の王様』(東宝)は、“謝罪師”を名乗る男が主人公だ。主演の阿部サダヲが、依頼人の身代わりとして謝罪をする姿が話題となり、興行収入が20億円を超えるヒットを記録した。 当時は謝罪師が架空の職業として扱われていたが、現在では同様の代行サービスを行う企業が増えている。実際にはどのようなケースに立ち会うのか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング