写真

SMBC日興証券の調査によると、東証1部上場企業の2018年3月期の決算は、売上高、営業利益、純利益いずれも過去最高を更新した。堅調な世界経済や昨年末までの円安・ドル高の恩恵を受け自動車、電機などが牽引した。 18年3月期の全上場企業の決算短信で「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイングコンサーン=GC)を記載した企業は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング