写真

FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組初戦で、日本代表はコロンビア代表に2対1で白星を挙げた。4年前のブラジル大会で大敗を喫した相手に、雪辱を果たした格好だ。 試合開始早々、コロンビアのカルロス・サンチェスが香川真司のシュートを腕で防いだとして一発退場。日本はPKを与えられ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング