写真

●「やられたら、やり返す」 中国当局は、米マイクロン・テクノロジー、韓国サムスン電子、同SKHynixが、半導体メモリDRAMにおける市場シェアの支配的地位を乱用し、不当に価格を釣り上げているとして、独占禁止法違反の調査を開始した(6月5日付日本経済新聞より)。 本稿では、まず2011年以降の上記3社のDRAMの売上高およびシェアを確認する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング